淡白な味わいでどんな料理にも

鶏は大別して「もも」「むね」「てば」などの部位に分かれます。それぞれ食感や味に違いがあり、それぞれに美味しい部位となっています。調理の際には、その部位の特長を活かした料理を選ぶようにしてください。牛肉や豚肉と比較すると、鶏肉はごく淡白な味わいです。そのため、素材の味を活かす薄味の和食にも良く合います。もちろん、中華や洋食など、どんなお料理でも美味しく食べられます。さらに、他の肉と比べると、高タンパク低脂肪で非常にヘルシーなお肉といえます。皮をはぐことで、より脂肪を減らすこともできます。ダイエットしている方やお年寄り、成長期のお子さんにもおすすめできる食材です。